塾講師の一日の流れについて

他職との違い

塾講師は生活時間が他の職種とずれている事が多いです。学生向けの補習塾も社会人向けの塾も、夕方から夜にかけて授業が行われる事が多いです。塾講師は昼までのんびりできるから楽な仕事と思われる事も多いですが、授業後も雑務が多く、退勤は深夜になる事も珍しくありません。そのため体への負担が多く、体調管理が難しい職業でもあります。睡眠時間の確保や食事管理など、他の職業よりも気を遣う必要があります。

また塾講師は放課後やアフターファイブと呼ばれる時間に業務を行う職業ですから、友人や家族と生活時間が合わず、プライベートでコミュニケーションがうまくとれないケースもあります。体調管理と共にプライベートの管理も必要です。

繁忙期は特別授業など、休日返上で働く事も多いです。塾講師の繁忙期は一番は受験前ですが、定期テスト前も繁忙期にあたります。定期テストは年に何度もあるテストですから、年間を通して休日出勤の頻度は増えます。また体調不良でも他の人でフォローしにくい特徴があります。授業の細かい様子までは本人でしか分かりませんし、一時的とは言え突然別の人が授業をすると生徒は戸惑います。代わりが務まらないという事はそれだけやりがいも感じられる職業と言えるでしょう。

Copyright © 塾講師の一日の流れについて, All rights reserved.